BOOKSHOP Kasperブックショップ カスパール

2017/02/22

Small Bar Kasper / 太陽と星と月




いつもは店内でコーヒーや紅茶、ハーブティーと焼き菓子を楽しんで頂いているカスパールですが、
この春、ロータスグラノーラの服部麻子さんとLETTER.の大浦美和さんをお招きし、
小さなバーイベントを開催することになりました。



ワインとご一緒に楽しめるプレートを数種、ロータスグラノーラさんの美味しいデザートもご用意してお待ちしております。

ゆったり、読書とおしゃべりをお愉しみ下さい。


当日は宮内優里氏との活動「BGM LAB.」が注目を集める、アーティスト・sphontik / 安田健児氏を
スペシャルゲストにお迎えし、Small Barを 心地よく演出するBGMを演奏して頂きます。



どうぞお愉しみに。


【Small Bar Kasper / 太陽と星と月】
2017.3.12(sun) 13:00 start - 日没まで

13時より、数量限定でカレーランチのプレートをお出しします。

(ありがとうございます。満席となりました。)

ランチをご希望の方は、mail:info@kasper.jp  もしくは tel:046-874-7031 まで

お名前•ご予約人数•ご連絡先お電話番号を明記の上ご予約を願い致します。













NAOKO SAITO Exhibition「 丸いパンと蒼きジャム」



NAOKO SAITO Exhibition「 丸いパンと蒼きジャム」
2017.2.26(sun)ー3.12(sun)



サイトウナオコさんと出会って、個展が実現するまでの時間。

ただ一つのことに人が純粋に向かい合うことへのエネルギー、そのことの尊さ、強さ、愛おしさを強く思います。


「日常」から、サイトウナオコさんが掬い取り捉えようとするもの。

彼女によって描かれた人物・動物たちは、永遠の時間の中で心地よくまどろんでいるように見える。

でも、その対象はわたしたちが捉えている「世界」にあるものと果たして同一なのか。


まなざしが見つめるもの、その問いの先を見つめることが出来そうな展示になりそうです。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


私はチョコレートを毎日食べます もともと好きだから食べていたのでしょうが、
いつのまにか食べないと物足りなくなって

制作することは日常を切り取る作業でもあります それはチョコレートを食べるようなこと
たとえば雨のにおいや整髪料のにおいが 胸をざわっとさせる 
特に好きでもない音楽だってアノ時の気持ちを突然戻してきやがる 
そうやって記憶の断片は急に過ったくせになんだかうまく思い出せないなんてことも 
だからこそもうちょっと見たくなるから、記憶をほどく、つなぐ、また広げる

日々感じてきた空気の記憶なんていいことばかりではないのが現実 
それでも薄く差す光がたまにはあり、そこにはちょっといい景色が見えたりするものです

アノにおいやアノ音楽の仕業のように 私の作品が誰かの体に残ってくれればいいと思う
そしていつか、その人の胸の奥の奥の方にある記憶の残像のようなものが 
揺らいだり、よみがえったり、ざわっとしたり・・ 
そんなことが起こってしまえ と願っています。
                        
 サイトウナオコ


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



サイトウナオコ  NAOKO SAITO

 東京藝術大学美術学部工芸科 鋳金専攻卒業  

 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程工芸専攻鋳金 修了


<個展> 
2008 年   -drawing Exhibition-       (at. 鎌倉 Daisy’ s cafe)


2009年   江ノ電「沿線展」にて        (at.鎌倉 かうひいや3番地)


2010 年 「 コーヒーを飲んでチョコを食べる」 RAF Vol.2 にて      (at. 藤沢 GALLERY CN)  
     「タイムマシーン」    (at. 鎌倉 Daisy’ s cafe)


2011 年「足音をならすタビー」          (at. 藤沢 GALLERY CN)  
            「食堂 FUNTIMES」 (at. 鎌倉 COBAKABA)


2012 年 「CURLY&CHOCOLATE」 (at. 藤沢 GALLERY CN)


2013 年 「HOT CHOCOLATE」 (at. 藤沢 atelier kirigiris) 


2014 年  「HARUO の地下 LESSON」  (at. 渋谷 BLOCK HOUSE)   
              「HARUO の地下会議」   (at. 渋谷 BLOCK HOUSE) 
              「原宿 FUNTIMES」   (at. 渋谷 BLOCK HOUSE)


2015 年  「1-1 FUNTIMES」    (at. 横浜 Charan Paulin)      
              「ウィンドウディスプレイsolo exhibition」 (at. 世界の子供服マ・メール/ 広尾店.ホテルニューオータニ店 )
              「FUNTIMES!!!!!」   (at. 池尻 haracchi) 
              「ORANGE STREET」 (at. ニューヨーク AG gallery)


2016 年   「HARUO-FUNTIMES POP UP SHOP」  (at. 渋谷 BLOCK HOUSE)      
              「タビーとビターなチョコレート」         (at 京橋 Galerie Floraison)


2017年   「いいにおいがする場所」      (at.鎌倉 vuori)





<グループ展・フェアその他>
2010 年    Artist Book 展                           (at. 藤沢 atelier kirigiris)


2012 年   The35th ARTEX in NY (at. ソーホー、ニューヨーク Ward Nasse Gallery) 
              3人展「Summer Exhibition Series 2012 :week1」 (at. ブルックリン、ニューヨーク AG gallery)
             ART IN BOXES                             (at. ニューヨーク AG gallery) ※この年より毎年参加


2013 年   SICF14 Spiral Independent Creators Festival     (at. 青山 スパイラルホール )
                               4 人展                                             (at. 吉祥寺 GALLERY re:tail)

2014 年  There are ZINES sngk 2014    (at. 千石 sngk gallery)


2016 年  台北藝術自由日 Taipei Free Art Fairl    (at. 台北 華山1914文化創意產業園區 )








2017/02/14

広瀬裕子さんWSのお知らせ「整う」の見つけかた




「手にするもの しないもの 残すもの 残さないもの」(オレンジページ)を刊行されたばかりの広瀬裕子さんをお招きして、
ワークショップをひらいて頂く事になりました。



先日、お住まいを鎌倉から、四国•仏生山へと移された広瀬裕子さん。
住まいと暮らし、心と身体。

整う、とはどんなことでしょう。

広瀬さんはどのような整えかたをされて、軽やかな決断をされたのでしょうか?

春を迎える前のあたらしいことがはじまりゆく季節、ぜひみなさまご参加下さいませ。


「整う」の見つけ方   
ー満席となりましたー 以降CL待ちにて受付させて頂きます

2017年3月12日(日)11:00〜
ご参加費¥2500(お茶付き)
お持ち頂くもの:筆記用具
会場:BOOKSHOP Kasper (ブックショップカスパール)

お申し込みは mail : info@kasper.jp もしくは tel : 046-874-7031 までお願い致します。










【広瀬裕子】
東京生まれ
エッセイスト/編集者
単行本の執筆をしながら、
場をひらくこと、つくること、ワークショップなどをしている。
著書に『あたらしいわたし』(佼成出版)
『50歳からはじまる、あたらしい暮らし』(PHP)。
「おんせんマーケット」「電図書室」「縁側の編集室」に関わる。








2017/02/13

天使の椅子




Nobo Carlos Gontaさんのニューアルバムリリース記念のリサイタル




それはまるで美しい絵画のような繊細な音楽


ギターの調べが創り出すのは精緻な細密画のような世界でした






2017/02/11

山のうた、ひかりの葉

管啓次郎×優河『山のうた、ひかりの葉』」 盛会終了致しました。


そのひ

わたしたちがみたもの

このいちにちの 

ちけいときしょう







声は記憶を揺さぶり、此処から未知の土地へと時間の枠を超えて魂を運んでゆく






管啓次郎さんと優河さんのセッション

全てが終わった後 雪が窓の外を踊るように舞っていました












Copyright ©BOOKSHOP Kasper. All rights Reserved.