BOOKSHOP Kasperブックショップ カスパール

2016/11/29

居心地のいい本屋さん




Casa BRUTUSさんのNEW STYLE BOOKSTOSE 特集で小店をご紹介頂きました。


『暮らす場所をかえてみること』トークイベントのお知らせ



2017年1月。

新たな年のはじまりに、編集者でありライターでもある山村光春さん、
建築家であり温泉の番台をつとめる岡昇平さん、
エッセイストであり編集者である広瀬裕子さんの3人をお招きして、
魅力的なトークイベントを開催させて頂けることになりました。

暮らし方、働き方、そしてそれを取り巻くさまざまな環境について
お話を伺いながら、現代を生きるわたしたちの「暮らす場所」について
多方向から考えてみることが出来たらと思っています。
ぜひ、ご参加下さいませ。





ー 広瀬裕子さんより、トークイベントに寄せて ー


暮らす場所をかえてみること
─自分のなにがかわったか─
ひと・もの・ことば・暮らし

山村光春さんは、拠点を長野県上田に移し
いまは上田と東京を行ったりきたりされています。
岡昇平さんは、東京の設計事務所を経て
香川県高松でまちを旅館に見立てる
「仏生山まちぐるみ旅館」という活動をしながら
建築家として、温泉の番台として仕事をされています。
東京・葉山・香川・鎌倉と
場を変えながら執筆をする広瀬裕子が
「暮らす場所をかえること」で
かわること、かわらないこと、
できることのほんとうのところを、話します。

都市でできることもあれば
地方だからできることもあります。
暮らす場所にとらわれずできることも
数多くあります。
どこにいても
なにかをつくり、つたえ、発信することはでき、
それは、本を通じ、建築を通じ、
インターネットを通じ、ひとを通じ、て。

自由なところは、より自由に。
すこし不自由なところは、見方を変えて。
東京からはなれ。行ったり来たりしながら。
その場にとどまり。または、動きつづけながら。

いまあること
これからはじまることをふくめ
未来につながる景色を
おとどけできたら、と思います。


『暮らす場所をかえてみること』
2017年1月18日(水)
午後1時から3時
会場:BOOKSHOP Kasper (ブックショップカスパール)
¥2500 + 1drink 
お申し込みは mail : info@kasper.jp もしくは tel : 046-874-7031 までお願い致します。
 
 

【山村光春】
大阪生まれ
編集者/ライター
カフェ、インテリア、食、
海外文化などのジャンルにおける書籍や雑誌、
広告などの編集・執筆を手がけるBOOKLUCK代表。
東京と長野に拠点を持ち、
これからのよりよい暮らしのかたちを
模索しながら活動する。
編著に『眺めのいいカフェ』
『MAKING TRUCK』(アスペクト)など。








【岡昇平】
香川生まれ
建築家/温泉番台
建築設計をしながら、家業の仏生山温泉を運営。
まちを旅館に見立てる「仏生山まちぐるみ旅館」を進めつつ
「へちま文庫」「おんせんマーケット」
「電車図書室」「縁側の編集室」などを行う。







【広瀬裕子】
東京生まれ
エッセイスト/編集者
単行本の執筆をしながら、
場をひらくこと、つくること、ワークショップなどをしている。
著書に『あたらしいわたし』(佼成出版)
『50歳からはじまる、あたらしい暮らし』(PHP)。
「おんせんマーケット「電図書室」「縁の編集室」に関わる。









2016/11/16

Kasper Christmas market 2016



- Kasper Christmas market   2016 -   
      2016.12.10 (sat) - 12.25 (sun)



クリスマスまでのやさしくあたたかな時間

家族を 友人を大切な人を おもう親密な空気を そっとわかちあえたら

Kasper のちいさなクリスマスマーケットへ遊びにいらしてください


出店

奥平明子 -ガラス-

菓子小鳥舎 -クリスマスのお菓子-

パン工房くうら -パンとシュトーレン-

矢谷左知子  -草暦 草守り(草のペンダント)-

一粒舎 -鹿革のもの-

cibo  -ストックフード-

FISH STAND -ツナパック-

IONIO & ETNA -古い物と作った物-

sunshine to you!   -冬の物-

Tissage  -手織りカシミア-


and more...?



【12.10(sat)  一粒舎さんのワークショップ】

※ たくさんの方にご参加頂き、大変温かい時間となりました。
  一粒舎さん、WSにご参加頂きましたみなさまに心からお礼申し上げます

※ 引き続きクリスマスマーケットでは、一粒舎さんの鹿革の作品を販売させて頂いております。
   ぜひご高覧下さい。
  

「鹿の革で手仕事」
鹿の革を使って、ティッシュケースと巾着袋を作ります。
巾着ぶくろ お一人¥2300  ティッシュケース お一人 ¥3200
※黒、こげ茶、キャメルの中からお好きなお色をお選び頂きます。
お申し込み時にお知らせ下さい。 ※お子さんがご参加下さる場合は、事前にご相談下さい。

お申し込みは mail : info@kasper.jp    もしくは tel : 046-874-7031  まで


当日はお子さんもお造り頂ける革の刻印のタグ作りのコーナーもございます。
お一人 ¥500 (タグを3個までお作り頂けます)

当日はTissageさんによる飲みものの出店もございます。






【12.13(tue)  -FISH STAND POP UP STORE -
FISH STANDさんのマグロコンフィーサンドイッチが三崎からカスパールにやって来ます。
(サンドイッチはTAKE OUT も可能です)
当日はオリジナルの美味しいツナパックの販売もございます。
ご予約は mail : info@kasper.jp    もしくは tel : 046-874-7031  まで









12.18 (sun)    フラワースタイリスト 平井かずみさんのワークショップ】
「お正月しつらいの会」 お一人さま ¥5500 (お茶とお菓子付き)
お申し込みは mail : info@kasper.jp    もしくは tel : 046-874-7031  まで

①11:00〜 満席となりました   ②14:30〜 満席となりました  ③17:00〜 満席となりました

※ CL待ちをご希望の方はメールにてお問い合わせ下さいませ。

お正月は歳神様を家にお迎えし祝う行事です。
歳神様は先祖の集合霊のことを呼んだもので、
歳の初めにやってきてその年の家族の健康や五穀豊穣を約束してくれる神様です。 
正月飾りは、その神様を心から
歓迎するための準備として飾るものです。

この会では
・蓬莱飾り
・ナンテンの実のしつらい
・水引のお飾り
の3つをつくります。









【12月25日(sun)  Kasper クリスマス朗読会】
俳優• 鈴木佳由さんによるクリスマス朗読会。
ちいさなお子さまもご参加頂けます。
一家族 ¥1000

お申し込みは mail : info@kasper.jp    もしくは tel : 046-874-7031  まで

①11:00〜  ②14:00〜

当日は ciboさんによる、あつあつスパイシー水餃子の出店もございます。

ぜひご家族で遊びにいらして下さい。











GARAGE at BOOKSHOP Kasper


GARAGE at BOOKSHOP Kasper 『Brocante』展スタートしました。



初日は開店前からお客さまが並んで下さり、GARAGEさんのランチ、la griveさんのお菓子


楽しんで下さるお客さまの笑顔が溢れました。


お運び下さいましたみなさま、ありがとうございます。






そしてヨーロッパのアンティークが並ぶギャラリーは、蚤の市のような雰囲気に。



この季節に大活躍するGARAGEのオリジナルストールもたくさんの色を揃えて

お待ちしております。  ぜひ宝探しにお出かけ下さい。



12月4日まで、毎週月曜日はGARAGEさんのランチとla griveさんのお菓子が頂けます。  


ぜひ遊びにいらして下さい。



※ なお、期間中のGARAGEさんの横須賀実店舗では、la griveさんによる金継ぎのワークショップ(11/24)、

お菓子のレッスン(12/2)が行われます!

 ぜひ、la grive さんのHPを御覧下さいませ。








2016/10/30

「ゼロ•ウェイストの暮らし」お話会のお知らせ

「ゼロ・ウェイスト=ごみをほとんどまったく出さずに生活する人」が、今、アメリカやフランスを中心に

続々登場しています。

ごみを減らした先に見えてくるのは、まったく新しいシンプルな暮らし。

少ない数の、質のよいモノに囲まれた生活です。

都会でも可能な、ごみを出さない暮らし。

どうすればごみを減らせるのか。

ごみを減らすとどんなよいことがあるのか。

アノニマ•スタジオよりこの秋に刊行された『ゼロ・ウェイスト・ホーム』を紐解きつつ、

ひとりでささやかに始められる”ゼロ・ウェイストの暮らし”について、

翻訳者の服部雄一郎さんをカスパールにお招きしてお話会をひらきます。

ゼロ•ウェイストに関心のある方も、はじめて耳にするという方も、ぜひお気軽にご参加下さい。


【『ゼロ•ウェイストの暮らし』お話会 】

12月4日(日)14:00〜

¥1000 (お茶、冬のフレイバーグラノーラのお土産付き)

※ お持ち帰り用の容器をお持ち下さい)


お申し込みは info@kasper.jp  もしくは お電話:046-874-7031までお願い致します。



【服部雄一郎(はっとりゆういちろう)】

1976年生まれ。2006年、葉山町に転居。

葉山町役場に転職し、ごみ担当に配属されたのを機に、ごみ問題と出会う。

その後、UCバークレー公共政策大学院に子連れ留学し、環境政策・廃棄物政策を専攻。

ゼロ・ウェイスト関連の国際NGOのスタッフとして南インドに滞在。

2014年、高知に拠点を移し、よりサステイナブルで自由な生き方の実践をスタートする。

妻とともに食まわりの活動「ロータスグラノーラ」主宰。

地方移住の本音をつづる連載サイト「移住のなかみ」に執筆のほか、


自身のゼロ・ウェイストへの挑戦についても公開中。






家族4 人が1 年間に出すごみの量がガラス瓶1 本分(= 1 リットル)という、驚異の「ゼロ・ウェイスト(ごみを出さない)」生活を続けている著

者。

そのクリエイティブな工夫を紹介する、実践ガイドの日本語訳版です。

「ごみの分別先進国」と言われる日本でもシンプルな生活や生き方が話題となっている昨今、環境問題やリサイクルに意識的な方のみならず、大

きな注目を集めているテーマです。

モノを減らせばごみも減り、環境的・経済的にも大きなメリットが生まれる。

本当の豊かさとは?快適な生き方とは?「断捨離」「ミニマリズム」のさらに一歩先を行く、持続可能でシンプルな暮らし方の提案のみならず、人

生で大切なことや見つめ直すべきことに気づかせてくれる一冊。

先進的で洗練された暮らしぶりも必見です。






Copyright ©BOOKSHOP Kasper. All rights Reserved.